カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター


最新記事


最新コメント


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


月別アーカイブ


昨日から旅行の写真をアップしようと、色々頑張っているんだけど。iphoneで撮った写真が、横向きにアップロードされてしまうのがあって、どうにもこうにもならない。ネットで調べてみると、Windows10では画像の処理能力が高くなって、自動的に画像の向きを調整してしまうのだとか。でも、パソコンに取り込んだ時点では全部の写真が正常に表示される。それを縮小専用のアプリにかけると、横向きになってしまう写真がいくつもある。で、それを正常な向きに直すとちゃんと表示されるのに、ブログサイトにアップロードすると横向きに戻ってしまう。

Windows essentials 2012のフォトギャラリーというのを使うと、正常にアップロードされるという事だけど、なんと1月10日でサービスが終了してしまっていてダウンロードできない。2017の最新版というのもあったけど、Windows10には対応してないのでこわいからダウンロードしなかった。

こうなると横向きになってしまう写真をチェックして、それをiphoneの中で向きを変えてパソコンに取り込むしかないのか。。。気の遠くなる作業だ。。。

とりあえず、疲れたのでしばらく休憩。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
あれからずっと暇をみては「写真が横になってアップロードされる」現象について、色々調べたり検証したりしてやっと何とか正しい向きで出来るようになった。最初はWindows10だけの現象かと思っていたら、そうでもなく7や8、Macでも同様の現象があるらしい。正しく表示させるためのやり方は色々あるようだけど、Windows8までは出来たやり方でもWindows10では出来ないという方法も多かったので、私が見つけたWindows10の場合の対処法をここに記しておこうと思う。

いつもはブログに載せる写真の枚数が少ないので、iphoneからメールに添付してパソコンに送り、メールからダウンロードしてパソコンに保存していた。でも今回は写真の枚数が膨大なので、iphoneとパソコンを繋いで直接取り込んだ。そしていつものように一枚ずつ「縮専」というフリーのアプリを使ってファイルを小さくして、ブログサイトにアップロードした。ところが、「縮専」にかけた時点でこのように写真が90度左横向きになってしまう。

s-75.jpg


前の記事にも書いたように、Windows essentials 2012に入っている「フォトビューアー」を使うと正しい向きでアップロードされるという事だが、サービス終了でダウンロードが出来ないので使えない。Windows10に既存の「フォト」というアプリでも出来るかと思ったけど、出来ない。

iphoneの中で写真を90度右回転させてパソコンに取り込めば出来るかと思ったが、そうすると右回転のままになってしまう。ただし、iphoneの中でトリミングをした写真は何もしなくても正しい向きで表示される。これはよその人が写りこんでしまった写真を、iphoneで加工して取り込んだものだけが正しく表示されたのでわかった事だ。

ここまでで、何かを使わないと作業できない事だけはわかったが、一体何を使えばいいのか調べてもわからなかった。Windows essentials 2012が今年の1月10日にサービスが終了したばかりなので、検索しても解決策が引っかかって来ないのだ。どうしたものかと困惑したまま全部のアプリを閉じて、デスクトップ画面をぼーっと見ていた。

ふと、プリンタのアプリにある「My Image Garden」というのが目に入った。これは複数の写真のレイアウトやコラージュ、レーベルプリントなど色々な事ができるツール。今までは証明写真のプリントやレーベルプリントでしか使った事がなかったが、もしかしたらこれで編集できるかもと思い、やってみた。ちなみに私のプリンタはCanon Pixus MG シリーズ。

iphoneから取り込んだ写真を90度右回転させて保存し、それを「縮専」にかけた。見事成功♪

s-75_NEW.jpg


はい、この通り。取り込んだ写真をそのまま使えないのはちょっと面倒だし不便だけど、これしか方法がないのだから仕方がない。頑張って一枚ずつ処理していく事を決意して、昨夜は作業をやめた。

そして今日午後からずっと作業をして旅行一日目の画像の処理が終わったところで、何となくもう一度「Windows 写真 横向き」で検索してみた。すると「Windows アクセサリのペイントツールで出来る」というのが出て来た。前述のWindows essentialsのフォトビューアーでのやり方というのが、元の写真を90度右回転させて一度保存する。保存した写真を再度開き、今度は90度左回転させる。つまり、元の正しい位置に戻す。これで正しい表示になる、という事だった。

そこでペイントツールを使って、同じようにやってみた。するとサイズが少し小さくなって「縮専」をかけても横にならず、正しい位置で表示される。仕組みに関してはさっぱりわからないけど、とにかくペイントツールでも出来る事がわかった。でも右に90度回転させて一旦保存し、それをまた開いて左に90度回転させるという作業はちょっと手間がかかる。

プリンタのツールだと一度右に90度回転させて保存すれば、そのまま「縮専」にかけると勝手に正しい位置で表示されるので、一つ作業が省ける。他社のプリンタのツールでも同じように出来るかどうかはわからないけど。。。

ただ一つ、わからない事がある。今までブログに写真を載せる時、iphoneからメールに添付してパソコンに送り、それをダウンロードして「縮専」にかけてアップロードしていたんだけど、何の問題もなく出来ていた。それなのに、以前アップした写真で再度やってみると横になってしまう現象が出る。間違いなく同じようにやっているのに、なぜ突然出来なくなってしまったのか。それだけが謎だ。

では、旅行一日目のブログをこれから書こう。


| BLOG TOP |
予定通り24日から27日まで、父ちゃんと旅行に出掛けた。24日の朝は千歳発8時10分の飛行機だったので、23日の夕方父ちゃんの仕事が終わって17時頃自宅を出て、その日は千歳のビジネスホテルに泊まった。この日は夕方から雪になり、夜になって結構激しく降って来たので飛行機が心配だったけど、朝には止んで定刻通りに出発できた。

羽田空港には10時頃到着し荷物の受け取りもスムーズだったので、予定より30分ほど早く行動出来た。この日は江ノ島を回る予定で藤沢市の駅前にあるホテルに宿泊する事になっていたので、そこに荷物を預けるためまずは藤沢へ。藤沢駅に着いたら、「eno-pass」という色々お得な切符を購入する事にしていた。ところが、辺りを見回しても「eno-pass」の文字がどこにもない。時間がもったいないので、総合案内所に行ってどこで買えるのか聞いてみた。

応対してくれたのは中国人の女のスタッフ。「これはここには売ってない。江の島のパスだから江の島でしか買えない。」と言う。私が調べたところでは、小田急線の発駅から藤沢駅までの往復割引が付いて、藤沢と片瀬江ノ島間は乗り降り自由、さらに江ノ島内の施設がフリーパスになるはず。だとすれば、藤沢駅で買えないのはおかしい。いくら言っても「ここでは買えない。」の一点張り。中国人ではどうにもならないと思い、とりあえずホテルへ行く事にした。ホテルのスタッフならわかるはずだ、と思って。

泊まったホテルは「相鉄フレッサイン藤沢駅南口」というホテル。駅から歩いて1~2分なので、移動にはとっても便利。すぐ隣のローソンへ、ホテル内から行けるのもすごくいいと思う。部屋は少し狭かったけど、清潔感があって気持ち良く泊まれた。翌日の朝食も、とっても美味しかった。スタッフの対応もすごく感じが良かった。もしまた行く事があったら、次の時もここに泊まりたいと思う。

フロントへ行って荷物を預け、「eno-pass」の事を聞いてみた。ところが、ここのスタッフも知らないと言う。聞いた事もないというような表情で、パソコンで調べ始めた。わからないと言われれば、もうそれ以上どうにもならない。半ば諦めて、駅に戻った。

まずは片瀬江ノ島までの切符を買おうと、窓口へ。すると窓口のお兄さんが「今日こちらに戻られます?」と聞いて来た。「戻ります。」と言うと、「それじゃあeno-passがお得ですよ。」と。な~んだ、そうか、そうだよな~。何で切符を買うところで買えるって、気付かなかったんだろう(//∇//) 「それを探してたんです~。どこで聞いても知らないって言われて~。」窓口のお兄さんは「あれ、そうですか。」と言ってましたが。

無事に「eno-pass」も購入し、いざ江ノ島へ!

まずは水族館。昼食がまだだったけど、水族館の中にレストランがあるはずだからそこで食べようという事に。片瀬江ノ島駅から水族館までは徒歩で5分くらい。行く途中、道端でタカトシのトシを発見w(゚o゚)w  タカは見当たらなかったけど、思わず立ち止まって見ていたらスタッフの一人が「どうぞ行って下さい」と。だよね、ロケ中みたいだったからね、邪魔しちゃダメだよね。ちょっと残念だったけど、素直に通り過ぎて水族館へ。

平日だったので空いていて入場券売り場も数人並んでいる程度だった。順番を待っていると、なんと!すぐ後ろの方にタカトシと速水もこみちが!

きゃ~♪生で芸能人見ちゃった♪一生に一度あるかないかの、芸能人との遭遇!しかも超人気者だし。トシがビデオカメラで撮影しながらのロケだったようで、周りにいた人達も邪魔しちゃマズイってのがわかったみたい。誰もキャーキャー言ったり、握手やサインを求めたりしなかった。でもスマホで写メ撮る人は結構いた( *´艸`) 父ちゃんもちゃっかり撮っていた。その写真がこちら。

eno-1.jpg

タカトシは思ったよりも背が高く、もこみちは顔ちっちゃ!!背が高いから、九頭身くらいあるんじゃないかな。。。ロケ中じゃなかったら握手とかサインとか頼めたのにな~。この後も水族館の中で一緒になったんだけど、こちらも写真撮りながらだったから気付いたらいなくなってた。。。翌日、鎌倉でタカトシともこみちに会ったという人がたくさんツイッターにあげていた。私達も同じ日に鎌倉へ行ったんだけど、鎌倉では会えなかったな~。そううまくはいかないよね。

さてさて、水族館の写真はこちら。

eno-2.jpg

水槽の中が春らしいセットになっていた

eno-3.jpg

水族館の中で一番大きな水槽かな。中に人が入って一緒に泳いでた。

eno-4.jpg

一日2回、10時半と14時にダイバーが水中カメラを持って潜り、外の専用モニターから水中のライヴ映像が見られて、ダイバーはマイクを付けているので観客と会話もできるそう。私達が行った時は、残念ながら時間外。

eno-6.jpg

マイワシの群れがすごかった~。

eno-5.jpg

お花畑みたい♪

ここからはクラゲの写真集。クラゲってこんなに種類があるって知らなかった。載せきれないので母ちゃんチョイスで(笑)

eno-9.jpg

eno-7.jpg

eno-8.jpg

eno-10.jpg

eno-11.jpg

eno-12.jpg

eno-13.jpg

このカギノテクラゲ、海藻みたいなクラゲだなと思ったら、右側の方にちっちゃくいるのがそうみたい。ほかのには海藻を入れないで展示してるのに、これだけ海藻が入ってるのには何か理由があるのかな?

eno-14.jpg

eno-15.jpg

eno-16.jpg

eno-17.jpg

ペンギンは近くに寄って来ていなくて、こんな写真しか撮れなかった。カメは小さいのから大きいのまでいーっぱいいた。

eno-18.jpg

水族館内のカフェから見える江の島。真ん中に建ってるのが、シーキャンドル(展望台)。

水族館のレストランで昼食を、と思ってたのに見つけられなくてカフェでオニギリ食べたら、出口にレストランがあった(-_-;) 残念だったけど混んでたし小腹は満たされたので、そのまま水族館を出た。予定ではべんてん橋まで歩いて行き、そこからべんてん丸という船に乗って裏磯へ行くはずだった。岩屋の洞窟を見てまたべんてん丸で戻って来て、今度は徒歩で展望台まで行くというプランだったのに。なぜかというと展望台が一番高いところにあり、岩屋の洞窟はその向こう側の端にあるのだ。展望台までは道の途中にエスカーというエスカレーターが三ヶ所にあるので、徒歩で行ってもそう辛くはない。

なのに。。。べんてん橋まで行ってみると、べんてん丸がまさかの「運休」(T_T) 天気はまぁまぁだったけど、少し風が強かったからかなぁ。しょうがないので、全部徒歩で回る事にした。江ノ島は車が走れる道がほとんどない。だからタクシーもないのだ。。。

eno-19.jpg

ここがべんてん橋。それほど高くはない丘だけど、歩くとなれば結構キツイ。

eno-20.jpg

ここが最初のエスカー乗り場。eno-passがあるのでフリーパス。途中江ノ島神社などがあるけど、私達は一気に展望台まで行った。まずは展望台のところにある「サムエル・コッキング苑」という植物園へ。

eno-21.jpg

eno-25.jpg

北海道はまだ雪がいっぱいだというのに、もうこんなに綺麗に花が咲き乱れていた。

eno-22.jpg

eno-23.jpg

あまり見た事のない椿も。

eno-24.jpg

これは名前がわからない。。。

eno-26.jpg

これは多分、桜だと思うんだけど。背の高い木で、花のアップが撮れなかった。

eno-27.jpg

これは多分、桃。桃はもう終わりかけだった。まだ充分綺麗だけど。

植物園を出てすぐ隣がシーキャンドル。ここは私が観てたドラマのロケでも使われたところ。

eno-28.jpg

シーキャンドルの展望台から、藤沢市の方を見たところ。

eno-29.jpg

反対側。この向こうに岩屋の洞窟がある。

eno-30a.jpg

この写真でわかるだろうか。道が長い長い階段になっていて、展望台から岩屋へ向かうのに数百段の階段を下りて行く。つまり、帰りは地獄。。。

eno-31.jpg

岩屋の洞窟の手前にある稚児ヶ淵というところ。多分満潮時にはこの岩場も隠れるのかな~と。透明度が結構高かった。

eno-32.jpg

ここで事件発生!道の階段の途中にトイレがあって、父ちゃんが「ちょっと寄ってく」と。私は用がなかったので、近くで待機。iphoneでFacebookのチェックをしていると、上の方から「うわっ!」という男性の声。見ると足がもつれたのか階段を踏み外したのか、男性が一人落ちて来るじゃないの!体勢を整えようと必死になり、左右によろめきながら落ちて来る。あれよあれよという間に、その男性は私に激突!でも構えていたおかげで、私は転ぶこともなく無事だった。ぶつかった肩は少し痛かったけど。。。男性は私がクッションになり、下まで落ちずに途中で止まった。止まったと言っても、うつ伏せの状態で転んだんだけど。

「大丈夫ですか?」と聞くと、「怪我なんかしねぇや!どうってことない!」なんて強がってたけど、あちこち擦り傷や打撲はあったと思う。だって石の階段だったもん。。。その男性はそれだけ言うと、恥ずかしかったのかとっとと行ってしまった。すぐそばで三人の若い男の子(20代くらい)達が見ていて、一人が私に「大丈夫でしたか?」と声を掛けてくれた。

父ちゃんがなかなか出て来ないので、私もちょっと化粧直しをしようとトレイに入った。数分で出て来ると、父ちゃんも出て来ていて「母ちゃん、転んだの?」と聞くので、心配してくれたのかぁと思って「違うよ~。男の人がコケて上から落ちて来たの。私にぶつかったんだけど、肩が少し痛いだけだから大丈夫だよ。」と答えると、「良かった~。ガチャンて音がしたから、母ちゃんに充電してもらってる俺の携帯が心配だったんだ~。」






















(*`^´)=3 あっそう!

父ちゃんの本音が見えたわ。旅行中なので、気を取り直して岩屋の洞窟へ向かった。

eno-33.jpg


eno-34.jpg

入口付近は照明があるので、割と明るい。水の中には金魚がいた。

eno-35.jpg

少し奥へ進むとその先が薄暗いので、こんなロウソクをくれる。

eno-36.jpg

eno-37.jpg

波の力で自然に造られた洞窟だそうで、その中にたくさんの石像があった。

eno-38.jpg

奥へ行くに従って天井が低くなるので、背の高い人は腰を屈めながら進まなくてはならない。私はチビなので、一度も屈まずに済んだ(笑)

eno-39.jpg

eno-40.jpg

洞窟は第一と第二があり、第二の一番奥にはこんな竜がいた。願い事をして竜に向かい、二度手を叩いて下さいと書いてあったので、やってみた。二度とも光ると願い事はすぐに叶う、一度だけだといずれ叶う、光らないと願いは叶わないらしい。私は家族の健康を願った。一度だけ光った。

eno-41.jpg

洞窟を外から見たところ。右側は第二洞窟の出口。

eno-42.jpg

洞窟を出たところの海の中に、「カメの岩」があった。本物のカメと見間違うほど。

eno-44.jpg

そしてこの地獄の階段だ。。。ほんとにもう死ぬかと思ったわ。。。岩屋の洞窟から距離にしてたった200メートル上ったところでひーひー言いながら立ち止まると、そこに「冨士見亭」という食堂が。お店のおばちゃんが「疲れたしょ~。休んできな~。」なんて言うもんだから、つい立ち寄ってしまった。

eno-45.jpg

北海道ではあまり食べられない、焼きハマグリ。アサリより磯臭くなくて、美味しかった。天気のいい日は富士山が見えるんだって。この日は残念ながら雲が低くて、見えなかったけど。30分くらい休んで店を出た。地図で調べてあったので、おばちゃんに南側の裏道の事を聞いてみた。階段を上って戻るより楽だと言うので、そっちの道を戻った。

予定より早く動けたので、江ノ島の入り口にある参道で少し買い物。それでも時間が余り、駅に戻ったのは18時前。夕食のお店には19時で予約してあったので、それまで何とか時間を潰そうと駅周辺をぶらぶら。疲れたのでまた駅に戻った。それでもまだ18時。ダメ元でお店に電話してみると、今来てもいいと了解してくれた。駅から歩いて1分の、「Lucky Meal Mermaid」というカフェレストラン。

eno-46.jpg

eno-47.jpg

こーんな素敵なテラスがあるお店。暖かかったらここで食べようとテラス席を予約してたんだけど、寒かったので店内に変更。

eno-48.jpg

店内も白を基調にした、浜辺っぽいイメージ。すんごい私好み♪

eno-49.jpg

根菜の重ね煮と、ビタミン系のスムージー。父ちゃんはビール。

eno-50.jpg

本当はちょっと苦手なんだけど、せっかくなので名物のシラスパスタ。思ったほどではなかったけど、やっぱりちょっと生臭い

eno-51.jpg

爪楊枝に一つ一つ小さな貝殻を付けてあった。素敵な演出♪

eno-52.jpg

食べ終わって外に出ると、シーキャンドルが綺麗にライトアップされていた。もっと近くで撮りたかったな~。予定より1時間以上早くホテルに戻る事が出来て、この日はゆっくり休めた。

| BLOG TOP |
さて、やっと二日目の鎌倉の巻を記事にする準備が出来た。

3月25日の朝は5時半起床。まだ二日目という事もあるが、前日の夜は早く休めたので目覚めもスッキリ。6時半にホテルで朝食をとり、7時にチェックアウト。この日も予定より少し早く行動できたので7時20分には鎌倉駅に着き、早朝だったおかげで無事に荷物をコインロッカーに入れる事も出来た。ここでは「鎌倉フリー環境手形」というのを購入した。江ノ電の鎌倉駅と長谷駅の間がフリーパス、さらに江ノ電バス・京浜急行バスがフリー。その他にも施設の割引などが付いて570円。かなりお得だと思う。

まずはこの環境手形を使い、江ノ電で長谷駅まで行って徒歩でその周辺を回った。最初に行ったのは、長谷寺。8時から営業しているので、ちょうど開いたばかりだったようでほとんど人が居なかった。

kama1.jpg

kama2.jpg

kama3.jpg

6月頃だと紫陽花が咲き誇って、それは素晴らしい庭園なのだろうけど、残念ながらこの時期はあまり花が咲いてない。池では大きな鯉が泳いでいた。本堂まで上ると、お寺の職員の方があちこちでお掃除をしていた。

kama4.jpg

眼下に広がる鎌倉の町。なんかい~な~♪こういう風景、安らぐな~♪

kama5.jpg

本堂から下りて来る階段から見た庭園。

kama6.jpg

自然とこちらの顔もほころびる(#^^#) 和み地蔵だそう。

kama7.jpg

お花の全盛期ではなくても、いくつかは綺麗に咲いていた。これは多分、桃。

kama8.jpg

kama9.jpg

どちらも「三椏(ミツマタ)」という木。黄色と赤があった。これは初めて見たなぁ。まん丸で可愛らしい花だった。枝先が三つに分かれるからミツマタって言うんだって。

kama10.jpg

これは木瓜(ボケ)。白と赤の木が交わってるのかと思ったんだけど、何度見ても一本の枝から二色の花が咲いてる。写真ではわかりにくいんだけどね。不思議。。。

kama12.jpg

これは「馬酔木(あせび)」っていうんだって。名前は聞いた事あったけど、小さな藤のような花。

次は長谷寺から歩いて7~8分のところにある、鎌倉大仏殿へ。

kama13.jpg

kama14.jpg

修学旅行ではここへ来なかったので、私は初めて。父ちゃんは二度目だとか。想像していたよりは小さかった。もっと巨大なのかと思ってた。背中が開いて、羽みたい(笑) せっかくなので、中も拝見。

kama15.jpg

kama16.jpg

上がお腹の部分、下が頭の部分。中は結構狭かった。ここは大仏だけを観ておしまい。次は少し戻って御霊神社へ。

kama17.jpg

kama18.jpg

この神社は、何年か前にテレビドラマのロケ地になったところ。ずっと観ていたドラマだったので、ミーハー的な見物(#^^#)

kama19.jpg

神社のすぐ前にあるこの路地も、ドラマでよく出て来た場所。実際に人が住んでいるので、覗いたり近くで騒いだりしないで下さいって看板があった。今は下火になったろうけど、ドラマ放送中にはたくさんの人が来たんだろうなぁ。撮影当時は奥の塀がもっと低かったけど、こんなに高くなって向こう側が全く見えなくなっている。

ここまで回ったところで、時刻はまだ9時半前。この後の予定は少し下りたところのカフェで休憩だったんだけど、10時開店なのでまだ時間があった。で、長谷寺を出たところにあった「オルゴール堂」へ行く事に。

kama20.jpg

途中、江ノ電に会った(笑) 軒先にみかんがたわわに成ってる家があった。結構こういうお宅が多かったなぁ。それにしても、家のすぐそばを電車が通ってるなんて、北海道ではなかなかない。

kama21.jpg

小樽にもオルゴール堂があるけど、置いてる物は少し違うかな。こっちの方が庶民的かも。リーズナブルな商品が多かった気がする。ここで母と甥っ子にお土産を購入。

オルゴール堂で時間を潰し、いざカフェへ。

kama22.jpg

「カフェ坂の下」というお店。ここは、前述のドラマに出て来るカフェのモデルになったお店。中はこんな感じ。

kama23.jpg

kama24.jpg

kama25.jpg

kama26.jpg

ドラマとは少し違うけど、鎌倉にはこういう古民家のお店がたくさんある。もろ、私好み♪なんかねぇ、昔よく行ったおばあちゃんちを思い出すんだよねぇ。おばあちゃんち、大好きだったな~。妙に落ち着くんだよね~。。。

kama27.jpg

ここで私がいただいたのは、カモミールティー。少し寒かったので、温かいお茶を。1時間ほど休んで、極楽寺駅まで歩いた。

kama28.jpg

極楽寺駅へ向かうこの坂道も、ドラマに出て来たところ。どんだけミーハーなんだ(笑)

kama29.jpg

kama30.jpg

そしてもちろん、この駅も。でも実際に見てみると、「こんなに小さな駅だったのか~」という感じ。テレビで観た時はもっと駅の前が広く真っ直ぐ道が続いているようだったけど、実際は駅前からは数段の階段を含めても6~7メートルほどで通りに面していた。カメラマンの技術ってすごいなぁと思った。やはりドラマのロケ地になったせいか、私達と同じように駅を写真に納める人が結構いた。

そしてこの極楽寺駅から再び江ノ電で鎌倉駅へ。

kama31.jpg

北鎌倉にあるお店で昼食の予定だったので、ここでバスを待っていた。江ノ電は鎌倉駅までで、北鎌倉までは乗り換えになる。バスだと環境手形で乗れるので、少し時間がかかるけど予約に間に合うバスがあったので。ところが、時間を過ぎてもバスが来ない。隣で待っていたおばさんが、「ここのバスは時刻表の通りに来ないんだよ~。」と教えてくれたので、急いで電車に変更。予約の時間に5分ほど過ぎたけど、何とかお店に辿り着いた。

kama32.jpg

野菜中心の食事を提供してくれる、ぴんくふらわーさんお勧めの
お店(#^^#) 中はこんな感じ。

kama33.jpg

奥に見える窓側の席に案内された。ここも古民家で、いい雰囲気。

kama34.jpg

これは、父ちゃんの食べたご飯。私はこれのシャケ抜き。どれも薄い味付けで、とっても美味しかった。ただお味噌汁がちょっとしょっぱかったかな~。

写真が多いので、午後の部は次の記事で。



...Read more♪


| BLOG TOP |
お腹もいっぱいになり、再び徒歩で古民家ミュージアムへ。

kama35.jpg

想像していた感じとは少し違って、中には江戸時代からのお雛様がズラリ。

kama37.jpg

kama36.jpg

天井から吊るし雛がたくさん!すごく綺麗だった。

kama38.jpg

kama39.jpg

こんなに古いお雛様が、とても丁寧に保存されていてちょっと感動。

kama40.jpg

このあたりは、実家にあるお雛様に面立ちが良く似ていた。ほかにもたくさん写真を撮ったんだけど、ふと気付くと壁に「写真撮影禁止」の文字が(;'∀') でも撮っちゃったものはせっかくなので、いただいた(^-^; 二階に行くと、安部朱美さんの創作人形が展示してあった。以前とらちゃんに紹介してもらって、同じような人形作家の高橋まゆみさんの写真集を買った。お二人の作品は良く似ているけど、私は高橋まゆみさんの方が好み。でもどちらも、布などの質感の表現が素晴らしいと思う。撮影禁止だったので、お見せ出来ないのが残念。いつまで見ていても飽きなかったな~。

古民家ミュージアムを出て、次は明月院へ。

kama41.jpg

こういう道も好きだな~。なんか鎌倉は、時間の流れがほかよりゆっくりな気がする。

明月院を目指して歩いていると、途中に「葉祥明美術館」が。

kama42.jpg

予定には入れてなかったんだけど、時間があったので寄ってみた。もちろん写真撮影は禁止なので、作品の写真はないけど。

kama-43.jpg

入ったトイレが素敵だったので、ついパチリ。鏡に私が写っちゃってるけど(^^ゞ この時は、葉祥明が赤毛のアンのストーリーを絵にした作品が展示されていた。ほんわかして、見ていて癒される絵だった。

kama44.jpg

そして明月院。これこれ、これを観たかったのだ。でも、やっぱりこの時期はちょっと殺風景だった。花の季節や秋には、この丸窓から素晴らしい庭園が見られるらしい。

kama45.jpg

丸窓からの眺め。もう少しすれば色とりどりのお花でいっぱいになるんだろうなぁ。

明月院を出て、今度はタクシーで移動。次に目指すは報国寺。結構距離があるので、バスだと時間がかかるし徒歩は無理。ちょっと大きな通りまで出てタクシーが通るのを待ったけど、呼ばないとつかまらないようだったので電話をすると5分ほどで来てくれた。報国寺まではタクシーだと10分~15分くらい。でも観光シーズンがピークになると、すごい渋滞になるのでもっとかかるらしい。報国寺を出てからはバスで鎌倉駅まで戻ろうと思ってたけど、運転手さんが今日は土曜日で混雑してるから多分バスは無理だろうと言うのでまたタクシーを呼ぼうと思った。

kama47.jpg

報国寺はこの竹林がメイン。京都の嵐山にも竹林があったけど、ここもかなり素晴らしい。京都では雨、鎌倉では晴れ、どちらもとても美しい。

kama49.jpg

こんな素晴らしい眺めの中、美味しいお抹茶をいただいた。

kama48.jpg

このお懐紙は、記念に貰って来た。

kama46.jpg

報国寺の庭園も、こんなに素晴らしい。自分の家にこんな庭があったらな~。。。なんて馬鹿な事を思い、こんな庭で一日ぼーっとして過ごしたいな~。。。などとたわけた事を考えた。

報国寺に入る前、入口の所に人力車がいた。どこの人力車かな~と思って見ると、なんと京都でも乗った人力車と同じ会社!そう、嵐山で乗った「えびす屋さん」だ。あの時、有効期限が3年の優待券をもらっていたのだ。今回もひょっとしたらどこかにいるかもしれないと思い、お財布に入れて行ったのだ。足も大分痛いしバスは無理そうだし、せっかく優待券あるしこんな時じゃないと人力車になんて乗れないし。少しお高いけど、予定の時間に合わせて小町通りの辺りまで行ってくれると言うのでお願いすることにした。

kama50.jpg

あちこち観光案内をしながら行ってくれたけど、ほとんど覚えてない。。。(;'∀') でも、ここは確かこの階段の上に徳川家康のお墓があるんだとか言ってたと思ったな~。。。人力車を引いてくれたお兄ちゃんは21歳で、なんとうちのハルと同い年。現役の大学生で、人力車はバイトなんだとか。でも、うちのハルよりずーっと大人だったわ。

kama51.jpg

この辺りで人力車を下り、先に鶴岡八幡宮へ行く事に。

kama-52.jpg

結婚式をやっていたらしい。ちょうど終わったところのようだった。やっぱりこういうの、微笑ましいよね~。自分たちの時を思い出したわ~。もうかれこれ29年前になるのかい。。。

kama54.jpg

家族の健康を願って、絵馬を奉納して来た。

kama53.jpg

本殿からの景色。

kama55.jpg

入った時は気付かなかったけど、下りて来た時に見つけた。北海道のお酒、「男山」もあったよ。

kama56.jpg

そして小町通り。やはりすごい人で、歩くのがやっと。お土産を少しゲットして、あとはブラブラ。この後ぴんくふらわーさんご夫妻と夕食をご一緒する予定だったので、時間潰しに二往復くらいしたかな(笑)

待ち合わせのお店は、八幡宮前にある「あら珠」という季節料理のお店。お店の外から写真を撮るのを忘れた。。。(-_-;) 

kama57.jpg

この席で5000円の、和食コースをいただいた。全部ではないけど、こんな感じのお料理。

kama58.jpg

前菜。ホタテの何とか(笑) もうほとんど何だったか覚えてない(;´Д`)

kama59.jpg

これは、ハマグリのお吸い物。

kama60.jpg

お造り。

kama61.jpg

牛タンね。

kama62.jpg

シラスご飯。。。だっけかな。。。真ん中の赤いのは、ひょうたんの酢漬けなんだって。ひょうたんて食べられるんだ~。

kama63.jpg

デザート。何のアイスだったか全く覚えてない(ω |||) でも、全部もの凄く美味しかった♪ 6時半の予約で行ったんだけど、食べ終わったら9時を過ぎていて閉店時間になっていた(°_°) ぴんくふらわーさんご夫妻は想像していた通りの方達で、何だか初めて会った気がしなかった。本当にとても楽しいひと時だった~♪ 3時間ほどだったけど、あっという間だった。今度は是非北海道でお会いしたい!

予定では、8時37分発の電車で小田原へ向かうはずだったんだけど、40分ほど過ぎてしまっていた。それでも何とか10時過ぎには小田原のホテルに辿り着く事が出来た。小田原へ着いた頃から、ポツポツと雨が降り出していた。
| BLOG TOP |
さて三日目、3月26日は箱根へ。前日の夜の雨が雪になり、寒い朝だった。前の晩は休むのが少し遅かったけど頑張って6時に起きて身支度を整え、7時にチェックアウトした。駅までは歩いて15分くらいだったけど、荷物もあって悪天候なのと疲れが出ていたのでタクシーを呼ぶ事にした。フロントには昨夜と同じ70歳くらいのおじいさんが一人。タクシーを呼んで下さいと言うと、「今からだったら30分以上もかかるよ」と言うのでとりあえず外へ出た。少し大きい道路へ出ればつかまえられるかなと思ったけど、朝早いせいかあまり車自体走ってない。ふと、道路の反対側に交番があるのが目に入った。交番の前では若いおまわりさんが、姿勢よく立っていた。

おまわりさんに「ここら辺ではタクシーは拾えないですか?」と聞いてみた。すると「そうですね、呼んだ方が早いかもしれません」と言って、自分の携帯で配送センターの番号を調べて教えてくれた。すぐかけてみたけど、呼び出し音は鳴っているものの応答がない。それじゃあと、違う番号を教えてもらうもこちらもダメ。おまわりさんはさらに携帯で探してくれる。すると、右手の方から「空車」のタクシーが!おお、なんとタイミングのいい事か!おまわりさんにお礼を言って、タクシーに乗り小田原駅へ。

駅に着いたのは7時20分頃だったかな。ここでは「箱根フリーパス」というのを購入する事にしていた。このパスは、小田原駅で買うと一人4000円するんだけど、箱根登山電車・ロープウェイ・ケーブルカー・箱根海賊船がフリーパスだし、指定区間だけど各バスもフリー。ほかにも美術館や各施設での割引もあるし、二日間有効なので翌日小田原へ戻る時まで使える。

もう一つ、ここで翌日の小田原から品川までの新幹線の切符も買っておかなければならなかった。翌日も時間ギリギリで行動するので、ここで買っておくと後で慌てなくて済む。

まずはその新幹線の切符を買おうと、窓口へ。ここで私はミスを犯した。新幹線の切符を買ったあと、箱根湯本までの切符も買ってしまったのだ。これから買おうとしている「箱根フリーパス」があれば、必要のない切符だ。その「箱根フリーパス」の事を聞くと、ちょっとぶっきらぼうに「向こうです」と教えてくれた。「向こう」と指をさされた場所には、発券機があった。しっかり調べて行ったのに、少々疲れが溜まって来ていたのと予定の時間ギリギリで焦っていたのもあったのかもしれない。発券機でフリーパスを買った瞬間、箱根湯本までの切符が不要な事に気付いた。

私が「あ、間違えて切符買っちゃった。。。」と言うと、父ちゃんが「そうでしょう!なんかおかしいと思ったんだ!フリーパス買うのに、なんでこんなチケット買ったのさ!!」と、人前なのに大声でそのチケットを私に叩き付けるようにして怒鳴った。私は悲しくなって涙が出た。いつもそうだけど、父ちゃんは「旅行に行こう」と言ってお金を出してくれるだけ。どこに行くか、どういうプランにするか、何処に泊まるか、全部私が考える。飛行機のチケットの手配から、ホテルの予約、その他全て私に丸投げだ。

今回だって一生懸命色んな事を調べて、少しでも時間を有効にお得に回ろうとすごく頑張ったのに。ちょっと間違えて買ってしまった切符の事で、こんなに怒られなきゃならないなんて。切符なんて、払い戻ししてもらえば済むじゃん。もちろん、私だって黙ってない。間違えたのは私が悪いけど、そこまで責められるような事じゃない。「ちょっと間違っただけじゃん!そんなに怒る事ないでしょ!」と泣きながら言った。そしたら「逆切れかい!」と来た。

もう旅行なんてどうでも良くなった。どこへも行きたくなくなって、帰りたくなった。本来乗るのは箱根登山電車だったけど、もうどうでもよくなった私は目の前の階段を下りてそこに来た電車に乗った。どうやら伊豆箱根鉄道だったようで、そのまま行けば大雄山まで行ってしまう電車だった。父ちゃんは何も知らないから、iPhoneで何やら調べながら後を付いて乗って来た。一駅目に着くところで、父ちゃんが「母ちゃん、この電車違うんじゃない?」と言って来た。私も少し落ち着き「せっかくの旅行、楽しまないともったいないな」と考え直し、「じゃあ降りよう」と言って一駅目で降りた。

そこからもう一度小田原駅まで戻り、箱根登山電車に乗り換えて箱根湯本まで行った。ここで又乗り換えて強羅まで行く。次の電車まで少し時間があったので、父ちゃんがトイレへ。ふと見ると、ネットで調べていた時に見つけた「キャリーサービス」の窓口が目の前に。ここで荷物を預けると、箱根の宿泊先まで運んでくれるのだ。行く先々で荷物を預けるつもりだったけど、天気が悪くて荷物を持って歩くのはしんどかったので、預ける事にした。トランク二つ(大型と普通)で1700円。身軽になって気持ちも軽くなった♪朝ご飯がまだだったので、駅弁を買って電車に乗った。

強羅駅まで行こうと思ったけど、事件(笑)があったので予定の時間をかなりオーバーしてしまっていた。予定を少し変更して、一つ手前の駅で降りてまずは「彫刻の森美術館」へ行く事にした。駅に着くと、駅員さんがメガホンで「この先、早雲山からのロープウェイは雪のため運休です。強羅駅から早雲山までのケーブルカーは動いてますが、その先は行く手段がないので桃源台へ行かれる方はバスで行って下さい」と言っていた。本当はケーブルカーとロープウェイを乗り継いで桃源台へ行くはずだったけど、運休ならしょうがない。

取りあえずは彫刻の森美術館へ向かった。徒歩5分くらいで到着。前日まではいい天気だったのに、この日は雪で寒くて徒歩での移動がしんどかった。寒さには慣れてるし雪というよりは霙な感じで大した事はなかったけど、旅行でこの天気は体力も奪われる。。。美術館に着いた時は少しほっとした。

フリーパスで少々割引になり、早速中へ。中とは言っても、「彫刻の森」というだけあって外なのだ。ほっとしたのは束の間だった。。。

順路に沿って進むとこんなのが。

hako1.jpg

寒くてあまりじっくり見なかったけど、アクリルかガラスのような物で出来た大きなジャングルジムみたい。子供なら、天気のいい日はこの中に入って遊べるようだ。

hako2.jpg

何だかよくわからないオブジェが池に。鯉も泳いでいた。

hako3.jpg

その先にあった「ピカソ館」へ。

hako4.jpg

作品は撮影禁止だったけど、入口のステンドグラスがとっても綺麗だったので写してみた。でもやっぱり実際に見るより、写真だと感動が薄れるな~。写し方下手だからかなぁ。。。

ピカソの作品はあまり好みではないけど、一つだけ気に入ったのがあった。ピカソが48歳の時に、ピエロに扮した自分の息子を描いた絵があって、それをガラスの破片で表現した作品がすごく良かった。中からライトアップされていて、とっても綺麗だった。もう一つ同じ技法の作品があったけど、印象にない。。。ピカソのほかにもルノワールとか、モネ・・・だったかな、の作品も数点あった。私はルノワールの描く、風景画が好きだ。

hako5.jpg

ピカソ館を出てカフェでちょっと休憩。カフェの外に足湯があった。行かなかったけど。

hako5.jpg

カフェの窓から見えたこの建物。入って行く人はいるけど、みんなすぐ出て来る。何があるんだろうと思って行ってみると。。。

hako6.jpg

hako7.jpg

なんという事でしょう♪(笑) 360度天井までステンドグラス!なまらビューティフル~♪ この螺旋階段で上まで行けるみたいなんだけど、悪天候のせいで立ち入り禁止になっていた。残念。

hako8.jpg

これは、寒い時期に咲く「河津桜」なんだって。満開でとっても綺麗だった。

hako9.jpg

hako10.jpg

hako11.jpg

広い敷地内のあちこちに、色々なオブジェや彫刻が。天気が良ければのんびり歩いて観られるのに、寒くて自然と足早になってしまった。

hako12.jpg

こんなのや、

hako13.jpg

こんなちょっと笑えるようなものまで。

hako14.jpg

これはいつかテレビで観た事あったよ。

hako15.jpg

美術館を出てさっき降りた駅まで戻った。駅員さんに聞いてバスに乗り、今度は桃源台まで行って海賊船に乗る。海賊船は遊覧船で、芦ノ湖を周る。芦ノ湖遊覧船というのもあったけど、船がカッコいいので海賊船を選んだ。船の種類は三つ、ロワイヤルⅡ、ビクトリー、バーサ。私達が乗ったのは、行きがバーサ、帰りがロワイヤルⅡ。

hako16.jpg

hako17.jpg

これはバーサ。大きくてカメラに納まらない。

hako18.jpg

途中でビクトリーとすれ違った。なんせ天気が悪くて、景色が全く美しくない。。。

hako19.jpg

箱根神社の鳥居。

hako20.jpg

遊覧船は、桃源台から箱根町港、元箱根港を経由して桃源台に戻る。ぐるぐる周っているので、どこで乗っても降りても良い。お昼の時間を過ぎていたので、私達は一旦箱根町港で降りた。そして目の前にあったお店に入った。大きなお店だったけど混んでいて、少し待ってから席に着いた。

hako21.jpg

これは父ちゃんが食べたハンバーグランチ。

hako22.jpg

これは私が食べたローストビーフ御飯。ローストビーフの下にご飯があるんだけど、すんげー旨かった(*≧∪≦)

時間があったら、昼食のあとすぐそばにある「箱根駅伝ミュージアム」に行くんだったんだけど、時間がなくてカット。御飯が運ばれて来たのが1時20分、海賊船の次の出港が1時40分。急いで味わって走って乗船!ギリギリ間に合った。

桃源台に着いたらもう2時。私の一番の目的は、ガラスの森美術館。でも、その前にポーラ美術館へも行きたかった。ガラスの森の方が閉館時間が30分遅いので、先にポーラの方へ行く事に。この時はタクシーの方が早く行けると思ってタクシーに乗ったけど、フリーパスがあったのだからバスに乗れば良かった。同じ道路を走るので、時間にはそれほど差がなかった。。。タクシー代がもったいなかったな。。。

ポーラ美術館では、開館15周年記念で「ピカソとシャガール展」をやっていた。ここはつらつらーっと観て30分ほどで出た。今度はバスに乗ってガラスの森へ。

hako23.jpg

hako24.jpg

もう入ってすぐのところで釘付け。これ天気が良かったらもの凄く綺麗なんだろうなぁ。。。

hako25.jpg

ほら、これも。ライトアップされてるけど、太陽の光には及ばないよねぇ。。。そして中にはため息が止まらない作品の山。ほんの一部しか紹介できないけど。

hako26.jpg

hako27.jpg

hako28.jpg

hako29.jpg

hako30.jpg

hako31.jpg

hako32.jpg

hako34.jpg

hako33.jpg

この「風にそよぐグラス」、フジテレビの「もしもツアーズ」で紹介されたんだって。風が吹くと、このほそ~い脚の部分が揺れて風にそよぐんだって。何で折れないのか不思議だけど。

展示室の先にショップがあって、その中もまぁ素晴らしかったですわ。

hako35.jpg

hako36.jpg

hako37.jpg

hako38.jpg

hako39.jpg

hako40.jpg

何か記念に一つ買いたいと思ってたけど、どれもこれも高価過ぎて手が出なかった。小樽にも北一硝子があるけど、格が全然違ったわ。。。観てるだけでお腹いっぱいになってしまった。次に行くときは、ここのためだけに使うお金を用意して行かなければっ!

hako41.jpg

hako42.jpg

ここでもカフェで一休み。閉店間際だったけど、スイーツのセットで紅茶を。天気が良ければテラスでいただけたのだけど、こんな雪ではねぇ。。。

hako43.jpg

5時を過ぎたので、名残惜しかったけど美術館をあとにして宿泊先へ。この日の宿泊先はこの美術館から徒歩で2~3分のところ。「仙石原品の木一の湯 別邸」というところ。別邸というくらいだから、本館もある。まずは受付をしようと、本館のフロントへ。私達が泊まるのは別邸で、本館を出ると道路をはさんで向かい側に別邸があった。その別邸というのがアパートのような建物で、AからCまである。私達はB-201号室。つまり、B棟の2階という事だ。本館からは50~60メートルほどの距離があった。

しかも大浴場は本館にしかないし、食堂はA棟の1階だと言う。天気がいいならまだしも、食事やお風呂にいちいち外へ出なきゃ行けないなんて不便だった。部屋に露天風呂が付いてるから、大浴場へは行かなくてもいいかなと思ったけど、部屋に付いている洗い場があまりにも寒過ぎて仕方なしに大浴場へ行くハメに。部屋の露天風呂には、夜寝る前と朝起きてから入った。

部屋自体は広くて良かったけど、トイレが汚れていたし洗面台も掃除が行き届いていなかった。でも、食事はとても美味しかった。

hako43.jpg

私は水炊きをポン酢で、父ちゃんは肉鍋をみそ仕立てで。お腹いっぱいになり、あとから出て来た揚げ物には手を付けられなかった。


☆おまけ☆

hako44.jpg

彫刻の森美術館の売店で買ったボールペン。このほかに、キノコ2種類とアスパラ、長ネギがあった。あんまり可愛いから全種類買ってお土産に。ちょっと太字になるけど、滑らかで書きやすい。使い捨てなのが残念だ。

| BLOG TOP |
さてさて最終日、この日は前日の夜から予定変更を決めていた。実は、妹に「箱根に行ったら、是非黒卵を買って来て欲しい」と頼まれていた。せっかくなら欲しいと言う物をお土産にした方がいいと思い、前日買いに行こうとしていた。だがしかし。。。それは大涌谷というところでしか販売していないのだと。大涌谷へ行く手段は、ロープウェイしかない。前日は雪のため、ロープウェイが運休。一旦は諦めたけど、翌日雪が止めばロープウェイも運行するんじゃないかという、微かな期待を持ち朝イチで行ってみる事にしたのだ。

最終日は早朝に箱根を出て東京へ向かう予定だったので、朝食は断っていた。でも予定を変えてしまったので、この日の朝は少しゆっくりだった。だってロープウェイが運行するとしても、9時始発だからそれより早く行ってもしょうがないし。近くにコンビニなどもなかったので、お腹は空いていたけど我慢した。

バスに揺られること20分ほどで桃源台に到着。9時少し前だった。

sno1.jpg

窓口には「運休しています」の張り紙。少し様子を見ていたけど、動く気配なし。私達と同じように僅かな望みを持って来たであろう人達も、諦めて戻る姿が。。。仕方がないので私達も諦めて、東京へ向かう事にした。本当はSNOOPY MUSEUMとソラマチへ行く予定だったけど、ソラマチはやめた。

桃源台から小田原まで直通のバスが出ている。前日に購入したフリーパスで乗れる。小田原に着いたのは10時半を少し過ぎていた。新幹線の時間まで少しあったので、駅の中でお土産を買う事にした。二年前の旅行の時、お土産の事ばかり気にして旅行自体をあまり楽しめなかった部分があったので、今回はお土産は行き当たりばったりで買っていた。

駅の中に入ると、お土産屋さんがたくさんあった。そんなに時間もないのに、迷ってしまって決められないほど。

sno2.jpg

sno3.jpg

こんな美味しそうなケーキがたくさんあって、つい買ってしまった。姪のAちゃんにマカロンと、自分が食べたい桜ジュレ、それとお昼のデザートにケーキを購入。他の店でも何点か買って、朝食抜きでペコペコだったお腹にお弁当を買った。新幹線はすごく混んでいて、最初二人並んで座れなかった。私の隣の女性が「横浜で降りるから、ここへどうぞ」と言って下さった。並んで座ってから、買ったお弁当を急いで食べた。新幹線だから、横浜から品川まではあっという間に着いてしまった(;'∀')

品川からは地下鉄で六本木へ向かった。六本木のコインロッカーに荷物を入れて、そこからは徒歩5~6分でSNOOPY MUSEUMに着くはずだった。地図で調べて行ったのに、実際にその場所に立つと様子が全然違うのでよくわからなくなってしまった。iPhoneのナビで検索しながら進んで行ったんだけど、位置情報が表示されるのに多少の時間差があるようで、曲がる道を通り越してしまったようだった。5~6分で行けるはずのところを、20分くらいもかかってようやく辿り着いた。

sno4.jpg

外にも可愛いSNOOPYがたくさん♪

sno5.jpg

ここが入口~。

sno6.jpg

左上が、作者のシュルツさん。右下は、初期の頃の作品。今と少し違うSNOOPY。

sno7.jpg

これは、本家のシュルツ美術館と同じ4500枚のコミックで作られたモザイクの壁画。

sno8.jpg

sno9.jpg

sno10.jpg

展示室の中は撮影禁止なんだけど、館内の至る所にこんな風にSNOOPYが(#^.^#)

sno11.jpg

sno12.jpg

sno13.jpg

トイレに向かう壁にも。あ~こんな家に住みたい。。。

sno14.jpg

展示室を堪能した後は、もちろんショップへ。

sno15.jpg

自分で買ったペンケースとノート。

sno16.jpg

これは父ちゃんが買ってくれた♪もっと大きいのもあったんだけど、お高かったのでダメって言われた(*`・з・´) アイシングクッキーって言うんだけど、可愛過ぎて食べられない(´・_・`) まだ飾ってあるよ。

sno20.jpg

外でコーヒーとか軽食を売っていたので、コーヒーを買って小田原で買って来たケーキを食べながら一休み。朝からずっと雨が降っていたけど、この頃になってようやく止んだ。

SNOOPY MUSEUMを出たのが2時半過ぎ。入口のところにいたガードマンに六本木駅の行き方を聞いて、今度は5~6分で駅まで行けた。空港に着いたのは3時半頃だったかな~。なるべく早く帰りたかったので、千歳空港で時間を取られないように空弁を買った。早目に来たはずだったのに、又しても座席を並んで取れなかった。前後の席になってしまったので父ちゃんは少し早いけどここで食べると言って、搭乗口の近くで空弁を食べた。

この日も飛行機は定刻で出発。と、満席だったはずなのに父ちゃんの隣の窓側の席には誰も座っていない。シートベルトのサインが消えてから乗務員さんに聞くと「どうぞ」と言ってくれたので、座席を移動した。そして私はそこでゆっくりと、空弁を堪能した。写真撮り忘れた。。。

sno18.jpg

翼の先端に、可愛いハート♪スカイマークだよ。

sno19.jpg

6時過ぎ、無事に北海道へ帰って来た。千歳でガソリンを入れて、真っ直ぐ帰宅。11時少し過ぎに到着した。妹の家にお土産を置き、12時頃自宅に帰って速攻寝た(笑)

色々あったけど、総合的には楽しかった。箱根で天気が崩れたのは残念だったなぁ。江ノ島と鎌倉はいい天気で予定通り回れたけど、鎌倉はまた行きたい!次の旅行はいつになるのかな~。

| BLOG TOP |

リンク

QRコード

QR